FRAILTY PREVENTION CONSORTIUM

フレイル対策コンソーシアム

Happy Aging.

高齢者福祉の仕組みをアップグレードする

MORE

高齢者福祉の仕組みを
アップデートする。

「何歳になっても、健康でいたい」
誰もが想う、切実な願いです。
平均寿命が世界一の日本だからこそ直面している課題は、
心身共に健康に生きられる時間を伸ばすこと。
そのために気を付けなければならないのが「フレイル」です。

要介護の一歩手前の状態であるフレイルは
適切な介入支援を行えば、
また健康な状態に戻れるという可逆性が特徴です。

普段の生活をしながら、
家庭の電力メーターを使ってフレイルを検知できないか。
そんな発想で私たちはスタートし、取り組んできました。
そして検知した先にも、
健康に戻るための様々なサービスが必要です。

企業の持つ知見やサービス、行政の支援、
アカデミアの最新研究を掛け合わせて
一緒にこの国の高齢者福祉を変えていきませんか。
いきいきと活躍する高齢者を増やしませんか。

「フレイル対策コンソーシアム」で産官学が連携して、
挑戦していきます。

NEWS読み物記事/お知らせ

ABOUTフレイル対策コンソーシアムについて

FRAILTY PREVENTION CONSORTIUMフレイル対策コンソーシアムとは

日本全体の社会課題解決に資するべく、電力をはじめとする多様なデータを活用しながら
フレイル予防・改善を持続可能なモデルとして構築し、社会実装していくコンソーシアムです。
解決のモデル構築(技術開発・実証、事業化、制度化)のために、競争関係や産学民の垣根を問わず、
企業間・業界間で連携し包括的な支援の実現を目指します。

ABOUT

PARTNERパートナー企業

企業
アカデミア
行政